気になる!あれこれ・・・・・

いろんな場面でちょっとした工夫や楽しかったことなど書いていきます。

*

かぼちゃの栄養はこんなにすごい!長期保存も可能で冷凍もできる!気になるカロリーは?

      2018/11/13


かぼちゃは、昔から冬至に食べると一年中病気知らずにすごせるといわれます。

我が家でも必ず冬至の夜にはかぼちゃの煮物を食べたものです。

かぼちゃは緑黄色野菜に分類されます。
特筆すべき栄養素はビタミンE, ビタミンAです。

カロテンを豊富に含んでいてやデンプンも多く含んでいます。
とても栄養価の高い野菜です。

そして野菜のなかでは珍しく、冬まで保存しておいてもビタミン類が失われないのがうれしいですね。

また、かぼちゃはお菓子作りにもよく使われます。

そして今ではハローウィンに欠かせない野菜ですね!

そんな栄養価の高い、そして保存も効くかぼちゃについていろいろとみてみたいと思います。

Sponsored Links

栄養豊富なかぼちゃのカロリーは?

かぼちゃには西洋かぼちゃ日本かぼちゃがあります。

かぼちゃは最初カンボジアから伝わったと言われます。
そのかぼちゃは今の日本かぼちゃだそうですね。
外見はゴツゴツして、水分が多くてあっさりした味です。

今市場のほとんどを占めていると言われるかぼちゃは西洋かぼちゃです。
ホクホクとして甘味のあるかぼちゃです。
でも、日本かぼちゃでなくては駄目という人もいますね。

かぼちゃは夏に収穫されますが、貯蔵性がとてもたかいです。
その貯蔵中に一層熟成します。
そしてあの独特の甘みが増すのです。

冬まで保存しておいてもビタミン類は失われないと言われます。

とてもたのもしいうれしい野菜です。

気になるかぼちゃのカロリーですが

日本南瓜(生)100gあたり 49kcal、
西洋南瓜(生)100gあたり 91kcal

カロリーは西洋かぼちゃが日本かぼちゃの約2倍ですね。

でも、今はほとんどの家庭では西洋かぼちゃが好まれているのではないでしょうか?

ここで食べる機会の多い他の野菜とカロリーの比較をしてみたいと思います。

以下すべて 100g 当たりです。

じゃがいも   76 kcal
さつまいも  132 kcal
さといも 58 kcal
やまいも 65 kcal
栗 164 kcal
ピーマン 22 kcal
大根 18 kcal
玉ねぎ 37 kcal
トマト 19 kcal

かぼちゃのカロリーは高いのでは?と思われがちですが、そうでもないことが分かります。

かぼちゃの栄養について    

エネルギー  91kcal
タンパク質  1.9g
炭水化物 20.6g
食物繊維   3.5g
カロテン 4000μg
ビタミンE  5.1mg
ビタミンK 25μg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.09mg
ビタミンC 43mg
カリウム 450mg
カルシウム 15mg
マグネシウム 25mg
リン     43mg
鉄      0.5mg

五訂日本食品標準成分表より

Sponsored Links

かぼちゃは代表的な緑黄色野菜です。
特に西洋カボチャにはビタミンCも豊富です。
カロテンはホウレン草に匹敵するほど含まれています。

その他にカルシウム、鉄、カリウムなどもバランスよく含まれています。
栄養面でとても優れた野菜です。

2Q==

かぼちゃの栄養で注目のβ-カロテンですがカロテノイドの一種です。
かぼちゃの黄色はまさにこのβ-カロチンの色なんですね。
強力な抗酸化力を持つ栄養素です。
ガンを予防および抑制する効果で知られています。

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。

また食物繊維も豊富です。
かぼちゃ100gあたり3.5g含まれています。

かぼちゃには水溶性の他不溶性食物繊維が多いので、便秘の予防や改善に役立ちます。

また、かぼちゃはカラダを温める効果もあります。

今体温の低い人が増えていると言われています。
代謝を円滑にするためにも日頃から食べておきたいですね。

それから、かぼちゃは血糖値のコントロールに良い食材です。

最近ではかぼちゃをパウダーにしたものが健康食品として売られています。

糖尿病に効くかぼちゃの粉末

糖尿病の治療にかぼちゃまるごとの粉末を利用することもある。

かぼちゃ粉末 約 6g (ティースプーン 約2杯程度)

空腹時の血糖価が150mg/dl程度の軽い糖尿病なら、このかぼちゃの粉末だけでよくなる。

 ( 家庭の医学より)

こうしてかぼちゃはとても健康維持促進にすぐれた野菜と言えます。

ではこうして栄養的にも優れたかぼちゃですが、利用面の工夫を見てみたいと思います。

スポンサーリンク


かぼちゃは冷凍向き素材

かぼちゃは冷凍しても味が変化しないので、冷凍保存にむいています。

用途別の形に切って、茹でたり、蒸したり、煮たりして冷凍すると、とても重宝します。
フライパンやオーブンで焼いても良いと思います。

冷凍かぼちゃの挽肉あんかけ

我が家でも重宝している冷凍かぼちゃの献立です。

鍋に次の材料を入れます。

砂糖
みりん
しょうゆ

だし

以上を煮立たせます。
そこに冷凍保存のかぼちゃを凍ったまま入れます。
それをしばらく煮ます。

別鍋にとり挽肉のそぼろあんを作ります。

盛り付けたかぼちゃの上にかけます。

あんかけ

手軽でおいしい一品がすぐに完成です。

おわりに

かぼちゃは、昔から冬至に食べると一年中病気知らずにすごせるといわれます。

かぼちゃは緑黄色野菜に分類されます。
カロテンやビタミンを多く含み、とても栄養価の高い野菜です。

かぼちゃには日本かぼちゃと西洋かぼちゃがあります。

今市場のほとんどを占めているのはホクホクとして甘味のある西洋かぼちゃです。

気になるカロリーは?

日本南瓜(生)100gあたり 49kcal、
西洋南瓜(生)100gあたり 91kcal です。

かぼちゃは夏に収穫されます。
ですが貯蔵性に優れていて、貯蔵中に一層熟成します。
そしてあの甘いおいしいかぼちゃになるのですね。

かぼちゃは栄養価も高く、β-カロテン、ビタミンCも豊富です。

その他にカルシウム、鉄、カリウムなどもバランスよく含まれています。
栄養面でとても優れた野菜です。

食物繊維も豊富です。
カラダを温める効果もあります。

冷凍保存しても栄養価や味があまり変わらず冷凍向きの野菜です。

上手に利用したいものですね。

Sponsored Links

 - 食べ物の効果

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

キウイの栄養は?カロリーは?スムージーでおしゃれにおいしく!!!

最近はいろんなおいしそうなキウイがスーパーにも並んでいますね。 それではキウイに …

トマトの栄養はすごい!その効果は?!

真っ赤に熟れたトマトには栄養がイッパイです!!! 子供たちも大好きな野菜ですから …

バナナを毎日食べるとどんな効果が期待できるの?カロリーは?!

バナナはとても身近にあり、いつでもどこでも買うことが出来ます。 バナナはおいしく …

豆苗の栄養はこんなに豊富!その効果は?利用法は?

豆苗はえんどう豆(グリーンピース)の若菜です。 えんどう豆が発芽し、本葉がある程 …

柿の栄養は果物の中でトップクラス!その効能の健康パワーは?

柿は好きですか? 柿はとてもおいしくて、しかも栄養価の高い果物です。 また、昔か …

ルイボスティーの効果効能は?健康にも美容にも良いお茶!

最近健康にも美容にも効果が高いと人気のルイボスティーです。 若い女性には特に人気 …

黒ごまの効果で白髪予防を!!!気になるカロリーは?!

黒ごまの小さな小さな1粒には驚くべき効果が秘められています。 黒ゴマにはいろいろ …

ヴァージンココナッツオイルのすごい効果は?使い方は?

今ヴァージンココナッツオイルが急に脚光をあびています。 TVや雑誌でも話題沸騰中 …

チアシードはスーパーフード栄養成分はとても豊富!効果的な食べ方は?

チアシードは今話題のスーパーフードです。 シソ科サルビア属の植物チアと言う果実の …

きゅうりの栄養にはすごい効果が!夏バテも予防できる!

きゅうりの栄養の効果ってすごい事をごぞんじですか? きゅうりの栄養成分の中には免 …